> > 三菱自 月額7千円から約5万円まで「i-MiEV」のリースプランを発表

三菱自 月額7千円から約5万円まで「i-MiEV」のリースプランを発表

記事を保存

三菱自動車は、4月から個人向け販売を開始している電気自動車(EV)「i-MiEV」について、グループ会社のMMCダイヤモンドファイナンス(MDF)が決定したメンテナンスリースの支払いプランを発表した。メンテナンスリースには、車両費用とともに、税金や整備費がリース料に組み込まれ、月々の費用が平均化されている。また、政府等の補助金の申請手続きをリース会社が行うため、個人の顧客は負担を軽減できるというメリットがある。

今回のリースプランは、「i-MiEV」に対する政府の補助金交付金額(上限額1140000円)が確定したことを受けて、MDFが決定したもの。様々な顧客のニーズに対応するために、一時払いリース料と月々のリース料の組み合わせを数パターン設定している。例えば、リース期間5年で補助金を利用した場合、一時払いリース料として2331000円を支払うプランでは月額リース料は7000円となり、一時払いリース料を全く支払わないプランでは月額リース料は49980円となる。月額リース料7000円のプランでは、初期費用を軽乗用車「i(アイ)」の「T」グレードの5年間の費用相当とし、月のリース料と電気代を合わせても「i」のガソリン代と同程度の約10000円で乗れる手ごろ感をアピールしている。また、リース満了時には再リースまたは返却のほか、車両の購入を希望する顧客向けに、あらかじめ設定した金額での購入を選べる「購入選択権付リース」も新設した。

なお、「i-MiEV」の顧客の自宅・事業所等での充電設備設置工事については、全日本電気工事業工業組合連合会(全日電工連)と提携し、三菱自動車の販売店で紹介していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.