> > セントラル硝子 太陽光発電用ガラス事業に参入

セントラル硝子 太陽光発電用ガラス事業に参入

記事を保存

セントラル硝子は、結晶シリコン型及び化合物型太陽電池モジュールに使用される高透過型板カバーガラスを事業化し、太陽光発電市場へ参入すると発表した。2009年7月より休止している松阪工場(三重県)において、2011年4月をめどに型板窯(ガラス溶解窯)を再稼動し、太陽光発電用カバーガラスの生産を開始する。現在、日本市場におけるカバーガラスは全量が輸入されているのに対し、国内生産による供給体制を整備することで拡販を図る。また、太陽電池モジュールの発電効率を向上させるために、カバーガラスにコーディングする反射防止フィルムAR膜(AntiReflection膜)の開発など、高性能化にも取り組む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.