> > パナソニック電工 LED照明116台を阪神梅田駅構内のコンビニに納入

パナソニック電工 LED照明116台を阪神梅田駅構内のコンビニに納入

記事を保存

パナソニック電工は、LED照明「EVERLEDS(エバーレッズ)」合計116台を、阪急リテールズが展開するコンビニエンスストア「アズナス」の阪神西梅田店(阪神梅田駅西改札口横)に納入した。阪神西梅田店は、「アズナス」初の環境への取り組み店舗として、3月18日にリニューアルオープン。売り場内の照明設計に空間の明るさ感指標「Feu」を活用して、オールLED化を図り、店舗全体の消費電力の約16%削減を実現した。

今回、阪神西梅田店のエコリニューアルでは、LED照明とともに、高い光の反射率を利用して照明の数を抑制する床面セラミックタイル、インバータ方式の空調設備・冷蔵設備を導入した。これらの効果として、店舗から排出されるCO2量を年間で約15.4t削減できると試算している。阪急リテールズは、「アズナス」61店舗を含む約300店の多業種店舗を運営しており、今後の本店舗をモデルに、新規出店や店舗の施設・設備のリニューアル時に、店舗のエコ化を進めていく予定だ。

今回パナソニック電工は、5月発売予定の同社初の温白色のLEDダウンライト42台を先行導入したほか、店舗全体に高演色・電球色のLEDダウンライトを70台、レジ内作業台の手元あかり用LEDライトを4台納入した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.