> > 富士経済 エコカー世界市場は2020年に1,800万台を突破と予測

富士経済 エコカー世界市場は2020年に1,800万台を突破と予測

記事を保存

民間調査会社の富士経済は、ハイブリッド車(HEV)、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)と、その関連部品やインフラ設備の世界市場を調査した。報告書によると、HEV、EV、PHEVを合わせたエコカーの世界市場は、2009年は前年比44.2%増の76.3万台。今後も急成長し、2010年は104.4万台の見込み、2015年は511.5万台、2020年は1866万台になると予測されている。

エコカー市場の大半を占めるHEV市場では、2009年はトヨタ自動車が新型「プリウス」を、ホンダが「インサイト」を発売。政府の温室効果ガス削減に向けたエコカー減税や補助金制度等の優遇策が追い風となり、日本を中心に出荷台数が急伸した。2009年度時点では、高度な技術を必要とする量産HEVの販売は、トヨタ、ホンダ、日産自動車、GM、フォード、ダイムラーとなっており、まだ本格的な市場は立ち上がっていない。EV市場は、2009年に三菱自動車から「i-MiEV」が、富士重工業から「スバル プラグイン ステラ」が販売され、創世期を迎えた。

HEV市場は、2009年は75.9万台で、2010年は前年比36%増の103万2千台(見込)。2010年はトヨタのリコール問題で北米市場では停滞するが、日本、欧州、その他の国で増加する。日本の出荷台数は世界の半数近くの50万台を占めるとみられている。トヨタとホンダが市場を牽引し、2010年は2社で世界HEV市場の85%、EV、PHEVを含めたエコカー市場の84%を占める見通し。車種の拡充期に入り、2015年は451万台、2020年は1476万台の市場になると予測している。

EV市場は、2010年に日産「リーフ」の販売により、本格的に市場が立ち上がり、前年の7倍の7000台となる見込み。充電インフラの整備に時間がかかるため、市場は人口集積地域や北米、欧州の先進地域が中心で、リチウムイオン電池の開発動向も今後の展開に影響を与えると見られている。2015年の市場でも日本が3分の1以上を占め、世界の合計出荷台数は36万5千台に、2020年は、欧州が4割以上を占める市場となり、世界の合計出荷台数は175万台になると予測している。

PHEV市場は、2009年の実績は3000台で、2010年は5000台、2015年は24万台、2020年は215万台となる見通し。PHEVはEV普及までのつなぎ的な役割と見られている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.