> > 伊藤忠 国内初、リチウムイオン電池を燃料電池・太陽光発電搭載住宅へ導入

伊藤忠 国内初、リチウムイオン電池を燃料電池・太陽光発電搭載住宅へ導入

記事を保存

伊藤忠商事は静岡ガスと共同で、国内で初めて、リチウムイオン電池システムを燃料電池・太陽光発電システム併設の戸建住宅へ導入する。対象住宅は、静岡ガスが静岡県三島市に建設する低炭素型タウン(分譲地)「エコライフスクエア三島きよずみ」22棟のうちの2棟(予定)。低炭素型タウン事業は、CO225%削減を目指して環境省が実施する、「チャレンジ25地域づくり事業」にも採択されており、各戸に家庭用燃料電池「エネファーム」と太陽電池の設置を計画している。4月に区画造成工事を開始し、8月に着工、2011年3月に入居開始の予定。

今回伊藤忠商事が導入する蓄電池システムは、米国EnerDelInc製蓄電池をベースとし、車載用蓄電池と同様の蓄電池を定置用途で使用する。この蓄電池は、つくば市における共同実証プロジェクトで電気自動車に搭載されているもの。同社は、車載用リチウムイオン電池の2次利用ビジネスモデルの構築を進めており、戸建住宅への導入は、コンビニ、ガソリンスタンド、マンションに次ぐ4種目となる。

また、静岡ガスは、本事業において、国内初の家庭用分野でのCO2排出権取引やスマートグリッド(次世代送電網)の取り組みも視野に入れながら、エネルギーの“地産地消"モデルの構築を目指している。同事業では、パナソニックがエネファームを、シャープなどが太陽電池を、パナソニック電工がEMS(エコマネジメントシステム)を供給する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.