経産省 国内初となるスマートグリッドの大規模実証実験が4地域でスタート

  • 印刷
  • 共有

経済産業省は、今年度から、日本で初となる、本格的なスマートグリッド(次世代送電網)の実証実験を開始する。「次世代エネルギー・社会システム実証地域」として、プロジェクトを募集し、提案のあった20地域の中から、横浜市、豊田市、京都府(けいはんな学研都市)、北九州市の4地域を選定した。4地域のプロジェクトには、トヨタ自動車や日産自動車、新日鉄などの企業が自治体とコンソーシアムを組んで参画する。事業期間は5年間。一般家庭やオフィスを結ぶ送電網のほか、電気自動車や太陽光発電を活用し、低炭素社会システムの構築を目指す。選定された4地域では実施に向けて、6月下旬までにマスタープランを策定する。

横浜市のプロジェクトでは、横浜市とコンサルティング会社のアクセンチュア、東芝、日産自動車等5社が中心となって実施する。みなとみらい21等の主要3地区において、27000kWの太陽光発電や4000世帯へのスマートハウス・ビルの導入、2000台の次世代自動車の普及を図り、2025年までに04年比30%のCO2の削減を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事