> > 帝人デュポンフィルム 厚物フィルムの製造能力増強で環境分野需要に対応

帝人デュポンフィルム 厚物フィルムの製造能力増強で環境分野需要に対応

記事を保存

帝人デュポンフィルムは、エコカーや太陽電池用途で需要の拡大が見込まれる、厚物ポリエステルフィルムの製造能力を増強したと発表した。宇都宮事業所で、ポリエステルフィルム製膜ラインの1つを厚物フィルム製膜設備に転換・増強し、4月から稼働を始めた。増産規模は年産約8000t。投資額は約10億円。

PEN(ポリエチレンナフタレート)フィルムは、強度や耐熱性、耐加水分解性などにおいて、多くの優れた性能を持つ。厚物フィルムを用いるハイブリッドカー・電気自動車などのカーエレクトロニクス分野、フレキシブルディスプレイ・有機ELなどの新規エレクトロニクス分野、次世代太陽電池を中心とするエネルギー分野などで、今後、大幅な需要拡大が見込まれている。また、PET(ポリエチレンテレフタレート)フィルムについても、太陽電池向けなどの厚物フィルム需要が急増している。今回増強した厚物フィルム製膜ラインは、PENフィルムとPETフィルムの併産を可能とし、供給の拡大と安定化を図った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.