> > 熊本県・三菱商事・三菱総合研究所 新エネ・環境関連産業育成で協定

熊本県・三菱商事・三菱総合研究所 新エネ・環境関連産業育成で協定

記事を保存

熊本県と三菱商事、三菱総合研究所は、新エネルギー・環境関連産業の育成に関する協定書を締結した。3者は、熊本県内での太陽光等新エネルギー関連事業、電気自動車・電動バイクの充電インフラの整備、水・環境事業への民間活力導入等、幅広い分野で提携・協力する。

熊本県は、太陽光発電関連産業を半導体・自動車に次ぐ主力産業に育成することを目指しており、平成23年度に太陽光発電普及率日本一、また、平成27年に同関連産業における製造品出荷額1000億円、雇用規模1000人を目標として掲げている。3者は本協定に基づき、地方自治体と民間企業の双方にメリットのある事業開発・運営モデルづくりに向けて、今後具体的な協議を進めて行く。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.