> > 富士重工業 家庭用コンセントで充電可能な電動式ごみ収集車を発売

富士重工業 家庭用コンセントで充電可能な電動式ごみ収集車を発売

記事を保存

富士重工業は、廃棄物の積込みや排出作業を電動で行うごみ収集車を開発し、4月12日より販売を開始する。今回発売する電動式ごみ収集車は、二次電池として普及している「シールドバッテリー」を採用し、低コスト化を実現した。新開発車は、積込みや排出作業は、シールドバッテリーを動力源とする専用モーターで行う。作業時にエンジンを停止できるため、CO2排出量や消費燃料、騒音などを削減することが可能。また、作業中のバッテリー切れ等に配慮し、モーター駆動とエンジン駆動を切り替えられるパラレル駆動方式を採用するとともに、家庭用コンセント(100Vあるいは200V)から充電できるプラグイン方式を採用し、環境性能と利便性を向上させた。

シールドバッテリーは、電動カートや電動スクーターなどの二次電池として一般に普及している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.