> > オムロン 出力コンセントごとにCO2排出量を「見える化」

オムロン 出力コンセントごとにCO2排出量を「見える化」

記事を保存

オムロンは、システム全体ではなく、出力コンセントに接続した機器ごとにCO2排出量をモニタリングできるリモート電源制御装置を2010年3月17日より発売する。同製品は、2系統で各4個ずつ計8個の出力コンセントに接続された機器ごとの消費電力量を、専用センサとICで高精度に計測しCO2排出量に換算。ブラウザ上で測定結果を遠隔監視するとともに、状況に応じて機器の操作(ON/OFF)を行う機能を装備する。系統ごとに15A(合計1500W)、2系統合わせて30A(合計3000W)まで制御が可能。また、年間カレンダー機能により、1年分の運転スケジュールを分単位で設定し、出力コンセントを個別にOFF/ONすることができる。希望小売価格は、236250円(税込)。省エネなどグリーンITを推進する企業での需要を見込む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.