> > 富士経済 2015年国内LED電球市場は09年比5.7倍の200億円

富士経済 2015年国内LED電球市場は09年比5.7倍の200億円

記事を保存

富士経済は、省エネが進む光源・照明市場について調査した。その報告書によると、2015年は、世界光源市場は5兆5232億円(09年比140.7%)、国内照明市場は7076億円(09年比110.6%)、国内LED電球市場は、本数ベースで2000万本(09年比10倍)、金額ベースで200億円(09年比5.7倍)となる見通し。

2009年の国内照明市場は、LED照明が高成長を見せた。LED照明メーカーの増加により種類が拡充され、住宅市場向け低価格のLED電球が登場したことで、低価格化が進んだことが追い風となった。今後は、LED照明や有機EL照明器具のような次世代照明市場が、単価が高いことから金額ベースでの成長を牽引するとみている。省エネ対策の推進により、次世代照明市場は、従来の照明器具(電熱/放電照明)の照明技術及び価格レベルに近づくとともに普及が進み、次世代照明比率は2009年の5%から2015年には23%へ上昇する見通し。

注目照明市場である国内LED管球ランプ市場は、2015年には、2009年比約4倍の335億円に達するとみている。LED管球ランプのうち、LED電球(白熱ランプ代替形)は、2009年6月にシャープが4000円を下回る製品を発表したことを契機に市場が活性化。今後、製造・販売中止の対象となっている白熱ランプからの代替需要を取り込んでいくことが予測される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.