> > 東芝 米サンパワー製パネルを採用し、住宅用太陽光発電システム事業に参入

東芝 米サンパワー製パネルを採用し、住宅用太陽光発電システム事業に参入

記事を保存

東芝は、住宅用太陽光発電システム事業に参入し、4月1日からシステムの販売を開始する。2012年度の国内シェア10%獲得を目指す。今回発売するシステムには、太陽光発電パネルに世界最高水準のセル変換効率21.5%を達成した単結晶シリコン型(米サンパワー社製)を採用。パワーコンディショナとの組み合わせで、世界トップクラスとなる総合発電効率15.9%の高効率システムを提供する。最大出力210Wの太陽光発電モジュールの希望小売価格は14万7千円(税込)。単位面積あたりの発電量が多いため、省スペース化及び軽量化を図ることで、都市部などの限られた屋根のスペースにも設置することができる。

同社は、約30名体制で太陽光発電システム事業を開始し、2012年度には80名規模にする予定。また、同社工場内に施工業者の教育施設「住宅用太陽光発電システム施工研修センター」を新設し、2010年度に約3000名の研修を行う予定。

日本国内の住宅用太陽光発電システムは、地球温暖化対策として市場の拡大が見込まれている。今回の参入により、同社グループ内で扱っている家庭向けオール電化機器やLED照明などと共に、新たな省エネ製品のラインナップとして相乗効果での拡販を狙う。また同社は、スマートグリッド(次世代送電網)事業を推進しているため、その重要な分散電源のひとつである太陽光発電システムを取り扱うことで、両事業の拡大を見込む。今後は、二次電池「SCiB」やスマートメーターと太陽光発電システムを組み合わせた販売手法も検討する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.