> > 産総研 CIGS太陽電池サブモジュールで世界最高の光電変換効率を達成

産総研 CIGS太陽電池サブモジュールで世界最高の光電変換効率を達成

記事を保存

産業技術総合研究所(産総研)は、集積型構造のフレキシブル太陽電池サブモジュールで、世界最高となる光電変換効率15.9%(受光面積75.7cm2)を達成した。フレキシブル太陽電池は、軽量で折り曲げが可能という特長があり、耐荷重制限のある場所や、局面への取り付けの際に有利だ。しかし、フレキシブル型の場合、高い電圧を得ることができる集積型構造を形成するのが難しい。また、高効率化のためには、高精度のアルカリ添加制御の技術を確立させる必要があり、比較的高効率を得られる化合物型(CIGS)でも10%以上の変換効率を得ることは難しかった。今回、産総研は、高精度なアルカリ添加制御や集積化のための課題解決に向けて取り組み、高変換効率を達成した。今後は、企業との連携により、更に大面積の基板への応用や、低コスト化・高効率化を進めた太陽電池モジュールの実用化に向けて研究開発を継続する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.