> > 三菱電機 エコカーや太陽光発電向けの複合型蓄電デバイスを開発

三菱電機 エコカーや太陽光発電向けの複合型蓄電デバイスを開発

記事を保存

今回、同社は、世界で初めてリチウムイオンキャパシタとリチウムイオン電池をセルの内部で一体化させた新構造の複合型蓄電デバイスを開発。急速な充放電をリチウムイオンキャパシタ部に、長時間の充放電をリチウムイオン電池部に受け持たせ、瞬発力と持続力を両立させた。開発した2種の複合型蓄電デバイスのうち、原理実証用の3cm×3cmセルでは、急速充放電でのサイクル寿命をリチウムイオン電池単独の場合に比べ約4倍に向上させ、実用性検証用の扁平巻回形10Wh級6cm×9cmセルでは、リチウムイオン電池に近い高エネルギー密度を得ている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.