> > セントラル硝子 エコカー向けリチウムイオン電池用電解液プラントを新設

セントラル硝子 エコカー向けリチウムイオン電池用電解液プラントを新設

記事を保存

同社はエコカー向けの需要拡大を見込み、2009年春にリチウムイオン電池の電解液事業に参入。川崎工場内に建設した第一期プラントにおいて製造を開始し、自動車メーカーや電池メーカーへ出荷をしているが、同製品の市場評価が高く、生産量も伸びていることから、第二期プラントを建設し本格的に参入することを決めた。同社は、国際市場にも対応するために、日本を含むアジア、米国、欧州3拠点での供給体制の構築も進めていく考えだ。

同社は、自社の弗酸(フッ酸)を原料に用いた電解質製造から顧客の要請に応じて調液する電解液製造までの一貫生産を行うことで、エコカー向けの電池材料に求められるコストと安定供給の実現を図っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.