> > 神戸製鋼ほか 90℃温水と7℃冷水を同時供給するヒートポンプを開発

神戸製鋼ほか 90℃温水と7℃冷水を同時供給するヒートポンプを開発

記事を保存

食料品や電子デバイスなどの工場では、主として、ボイラと冷凍機により温水と冷水を供給している。温水と冷水を同時に供給できるヒートポンプの場合、従来機では低温が7℃だと高温の上限は70℃であったため、供給温度の高温化が課題となっていた。今回開発した製品は、業界で初めて2段スクリュ圧縮機を採用し、圧縮機モータの高温対応化及び最適な冷媒選定を実施。飲料の加熱殺菌や各種温水洗浄などに対応できる70~90℃の温水と5~30℃の冷水の同時供給を可能とした。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.