> > 外務省 タジキスタンに対し、太陽光発電設備の導入を支援

外務省 タジキスタンに対し、太陽光発電設備の導入を支援

記事を保存

日本政府は、タジキスタン共和国に対して、太陽光を活用したクリーンエネルギー導入を支援するために、4億5000万円の無償資金協力を行うと発表した。同計画では、タジキスタン共和国の首都であるドゥシャンベ市の2つの病院へ太陽光発電装置を設置し、既存の電力系統に連系するための資機材の提供や機材の運営・維持管理のための技術指導を実施する。

豊かな水資源を有する同国は、水力発電量では中央アジア最大。しかし、冬季は河川の凍結により電力不足となり、また、旧ソ連時代から使用している電力設備の老朽化に伴い、電力供給が不安定となるなどの課題を抱えている。同国は、電量の供給を安定化させるために、エネルギー供給資源の多様化を推進する政策を掲げており、その一環で、地球温暖化ガス排出量を抑制する再生可能エネルギーの導入に力を入れている。

日本政府は、今年に入り、ブルンジ共和国やモロッコ王国、ネパール連邦民主共和国に対しても、太陽光発電設備の導入を支援するための無償資金協力を行うことを発表している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.