> > 横浜ゴム 耐熱性と接着性を向上させた太陽光発電モジュール用シール材を発売

横浜ゴム 耐熱性と接着性を向上させた太陽光発電モジュール用シール材を発売

記事を保存

太陽光発電モジュール用のシール材は、太陽電池セルを強化ガラスや樹脂で保護したモジュール基板と、強度をもたせるためのアルミフレームを接着させるとともに、発電効率の低下の原因となる内部への湿気侵入を防ぐ役割を担う。ブチルゴム系ホットメルトは耐湿性に優れるが熱に弱く、気温の高い地域で長期間使用すると、モジュール基盤とアルミフレームにズレが生じる可能性があった。新製品のシール材は、新技術を採用し、耐湿性に加え、従来では難しかった高い耐熱性を実現した。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.