> > 昭和電工・プランテック 焼却炉の廃熱を利用した熱電発電の実証実験に着手

昭和電工・プランテック 焼却炉の廃熱を利用した熱電発電の実証実験に着手

記事を保存

熱電発電は、熱エネルギーを直接電気に変換する発電方法で、熱電素子の両端に温度差を生じさせると電位差(電圧)により電気が流れる現象を利用している。日本国内で供給されるエネルギーは、約7割が熱エネルギーとして大気中に放出されているといわれており、熱電発電はその未利用のエネルギーを有効活用する新技術として期待されている。熱電発電の実用化に向けた開発は、温泉やディーゼルエンジンなどの低温域(100~300℃)が先行し、中温域は遅れていた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.