> > 住生活グループ 新会社を設立し、太陽光発電システム事業に新規参入

住生活グループ 新会社を設立し、太陽光発電システム事業に新規参入

記事を保存

住生活グループは、太陽光発電や燃料電池等の発電システム全般の製造・販売・施工を行う新会社「リクシルエナジー」を設立し、2010年4月より太陽光発電システム事業を開始する。太陽光発電による余剰電力の買取制度や住宅版エコポイント制度の導入により、省エネ・環境対応住宅へのニーズは今後さらに拡大するとみられている。それに伴い、同社は、高成長が期待される創エネ事業に参入し、グループ各社が有する防音・断熱内窓(トステム)や節水トイレ(INAX)などの省エネ商材と組み合わせて、受注獲得を目指す。また、トステムやINAXなどと連携し、全国の工務店・ホームビルダー・リフォーム店へ、太陽光発電システムを販売する。事業目標として、初年度は新規国内設置数の5%、3年後は同10%以上を掲げる。将来的には燃料電池等の取扱いも検討しているという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.