> > 商船三井ほか 太陽電池とリチウムイオン電池を搭載した船を2012年に竣工

商船三井ほか 太陽電池とリチウムイオン電池を搭載した船を2012年に竣工

記事を保存

今回の研究開発では、三洋電機の太陽光発電システム(最大200kW予定)と三菱重工のリチウムイオン電池(最大3000kWh予定)を組み合わせた電力供給システムを開発し、船舶に搭載されているディーゼル発電機とハイブリッドで電力供給を行う。航海中に太陽光発電システムで発電した電気をリチウムイオン電池に蓄えて停泊中に使用し、ディーゼル発電機を停止させることで、停泊中のゼロエミッション化とともに、船舶全体から排出されるCO2排出の削減を図る。「ハイブリッド自動車船」は、2012年の竣工を予定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.