> > 富士電機、業界初EV急速充電器用「コイン課金装置」を発売

富士電機、業界初EV急速充電器用「コイン課金装置」を発売

記事を保存

富士電機は、業界初となる電気自動車(EV)急速充電器向けのコイン(硬貨)による課金装置を発売したと発表した。価格は60万円(課金装置本体のみ、消費税除く)。2102年度は60台の発売を目指す。

本装置の導入により、EVユーザーは会員登録不要で、誰でも気軽に急速充電サービスを受けられるようになる。また、設置事業者は、カードシステム導入によるシステム利用料・通信料・決済手数料等の負担がないため、運営コストの軽減を図ることができる。また、無人運営、24時間運営が可能。

本装置は分離式で、充電器から1m以内に設置する。同社製急速充電器へ全機種への取付が可能で、後付接続もできる。後付接続の際は、別途本体改造・配線工事が必要になる。10円、50円、100円、500円のコインが使用可能で紙幣は使えない。1回あたりの充電時間および利用料金の設定ができる(時間は最大60分、金額は最大9,990円)。また、自動販売機の通貨機器の技術、筐体構造設計を応用することにより、同等のセキュリティレベルを確保した。

この「コイン課金装置」は、同社子会社の富士電機リテイルシステムズの自動販売機技術を応用したもので、同社の得意とするパワエレ技術と自動販売機技術を融合させて開発した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.