> > ホンダと日本重化学、ハイブリッド用電池からレアアースを回収、再利用へ

ホンダと日本重化学、ハイブリッド用電池からレアアースを回収、再利用へ

記事を保存

ホンダは、日本重化学工業と共同で、国内の販売店や海外から回収した使用済みのハイブリッド車(HV)用ニッケル水素バッテリーに含まれるレアアース(稀土類)の抽出を、リサイクルプラントの量産工程で、4月下旬より世界で初めて開始すると発表した。

両社は共同で、さまざまなホンダ製品の使用済み部品からレアアースを抽出する技術を、実験レベルではなくリサイクルプラントの量産工程において、世界で初めて確立した。ホンダは、このプロセスを活用してレアアースを再利用することで資源の循環に取り組む考えで、HV用電池からの抽出もその取り組みのひとつとして実施する。

これまで、使用済みのニッケル水素バッテリーは熱処理を行い、ニッケル含有スクラップをステンレス原料としてリサイクルされていた。今回、日本重化学工業のプラントで抽出技術の安定化に成功したことにより、鉱山から採掘・精製したものと同等純度のレアアースを量産工程で抽出することが可能となった。

本プロセスでは、使用済みニッケル水素バッテリーに含まれるレアアースを、80%以上の高い回収率で抽出が可能で、ホンダは抽出したレアアースを、ニッケル水素バッテリーの他、自社の製品に幅広く再利用していく計画だ。また、この技術はニッケル水素バッテリーだけではなく、レアアースを含む他の使用済み部品からも抽出できるため、今後、さらなるレアアース再利用の拡大を目指す。

ホンダはこれまで、再生部品の販売、オイルフィルターや修理交換バンパーの回収・リサイクルに国内メーカーとして初めて着手するなど、製品の資源循環に配慮し、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の取り組みを進めてきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.