> > 昭和電工、山口大とLED植物育成工場における新たな栽培法を確立

昭和電工、山口大とLED植物育成工場における新たな栽培法を確立

記事を保存

昭和電工は、山口大学との共同研究によりLEDを用いた植物工場における新たな栽培法(Shigyo法)を確立したことを発表した。同栽培法は、昭和電工製のLED素子を用い植物育成に最適化した光照射を行うことで、出荷サイクルの短縮と収穫量の増大を可能としたもの。同社は、同栽培法に関するライセンスの供与を行い、安全安心な食糧供給方式として期待されるLED植物工場の普及を図りたい考えだ。

LED照明は、発光波長幅が他光源に比較し狭いことから、植物の光応答に適した波長を選択的に照射でき、結果として効率良く植物を栽培できると考えられており、同社は、波長660nmで世界最高の発光効率を実現した赤色LED素子を開発し、販売を行っている。

LEDを用いた光源は、蛍光灯と比較し消費電力を約3分の1に抑えられること、発熱の影響を受けずに高い光量が得られること、従来の葉菜類から果菜類・穀物まで栽培が可能となったことなどのメリットがあり、大学、各試験研究機関、一般の植物工場等で広く採用されてきた。しかし、初期投資額が蛍光灯と比べ大きく、商業施設への本格的な導入には、投資回収期間の短縮が課題となっていた。

今回開発されたShigyo法は、山口大学農学部の執行正義教授との共同研究によるもの。同栽培法による栽培実験の結果、同じ育成期間での葉菜類の収穫量が、通常の蛍光灯と赤青比を固定したLED照明と比較して、最大で3倍に増加。これにより消費電力の抑制、収穫量の増加という両面の効果が得られ、LED植物工場において今まで課題となっていた投資回収期間の短縮が実現可能となる。また、同栽培法は藻類培養にも有効であることが判明しており、藻類を用いた有用物質製造やバイオ燃料生産への応用も期待できる。

今後、昭和電工では、山口大学の協力を得て、商業施設や照明メーカーを対象としたShigyo法のライセンスの供与と、LED照明を中心とした昭和電工グループの栽培設備、周辺商材の販売を開始する。初年度は国内商業施設への普及を目指し、将来的には海外大型施設へのライセンス供与、燃料産業、バイオマスコンビナート事業への展開も視野に入れて事業を進めていく予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.