> > 住友電工、神奈川で集光型太陽光&蓄電システムの実証運転を7月より開始

住友電工、神奈川で集光型太陽光&蓄電システムの実証運転を7月より開始

記事を保存

住友電気工業は、世界最大規模のレドックスフロー電池と国内最大規模の集光型太陽光発電装置等から構成されるメガワット級蓄発電システムを開発し、同社横浜製作所で実証システムの建設に着手し、7 月より運転を開始することを発表した。

同システムは、発電量や電力フローの監視を行う「エネルギーマネジメントシステム(EMS)」によって、太陽光や風力など不安定な再生可能エネルギーと照明や家電製品など比較的小規模な電力負荷を管理し、特に一般消費者の視点側から、安定的かつ効率的な電力制御を実現するもの。

同社では、昨年6月より大阪製作所で、自社開発の集光型太陽光発電装置(CPV)を含む複数の自然エネルギー発電装置と小型レドックスフロー電池等を直流電力ケーブルで連結したマイクロスマートグリッドシステムの実証試験を実施している。

工場や企業などの大規模需要家における再生可能エネルギーの積極的な活用や省エネルギーに対する社会的要請も増すなか、大規模電力システムにおける機器やシステムの開発、製品化を加速するべく、メガワット級の容量、出力を有する28基の「CPV」や、長寿命で安定性が高い蓄電池「レドックスフロー電池」を組み合わせた大規模蓄発電システムを開発し、今回の実証運転実施に至った。

実験運転では、EMSによるレドックスフロー電池の充放電制御による工場の受電量の一定化、天候に左右されるCPV発電量をレドックスフロー電池で補うことによる太陽光発電の計画運用等について検証を行う。また、一般的な蓄電池の機能として、横浜製作所におけるピークカット運用や予め設定したデマンドスケジュールとなるよう電力負荷に応じた放電量の調整も行う予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.