> > 沖縄電力、沖縄本島初のメガソーラーが運転開始

沖縄電力、沖縄本島初のメガソーラーが運転開始

記事を保存

沖縄電力は、沖縄本島北部(名護市阿部区)へ建設を進めてきた「安部メガソーラー実証研究設備」が3月29日に竣工し、運転を開始したと発表した。本設備は、沖縄本島初の大規模太陽光(メガソーラー)発電設備となる。

出力規模は1MG。CIGS型太陽電池(130W/枚)とアモルファスシリコン+多結晶シリコン多接合型太陽電池(120W/枚)を合計8,748枚使用。想定発電電力量は約105万kWhで、年間約1,000tのCO2削減効果を見込む。着工は平成23年12月。

同社は低炭素社会に向けた取り組みとして、内閣府の沖縄スマートエネルギーアイランド基盤構築事業を活用して、本設備を建設した。今後、本設備を活用し、太陽光発電設備を大量導入した場合の実系統への影響についてデータ蓄積・分析する実証試験を平成27年3月まで実施する予定。

沖縄スマートエネルギーアイランド基盤構築事業は、沖縄においてスマートエネルギーアイランドを形成するために、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入やエネルギー管理システムの研究開発・実証事業などの事業に対して、補助金を交付するもの。再生可能エネルギーの導入施設については、沖縄県を通じて導入事業者へ2/3を補助する支援内容となっている。

沖縄電力では、経済産業省資源エネルギー庁の離島独立型系統新エネルギー事業として、多良間島、与那国島、北大東島、宮古島の4離島において、平成22年から26年3月までの3年間、太陽光発電設備を大量導入した場合の系統安定化対策に関する実証実験を行っている。このうち、宮古島には、4MWのメガソーラー発電設備を導入している。

参考:沖縄電力株式会社 - 「安部メガソーラー実証研究設備」の運転開始について(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.