> > 横浜市に太陽電池とLED照明を利用するコイン駐車場が登場

横浜市に太陽電池とLED照明を利用するコイン駐車場が登場

記事を保存

横浜市体育協会と三井不動産リアルティは、「三井のリパーク」新横浜北駐車場(横浜市港北区)において、太陽光発電と蓄電池を組み合わせたハイブリッドソーラーシステムを導入するとともに、場内照明のオールLED化を実施したと発表した。これにより、消費電力量を従来比で約1/4に削減できると試算している。

「三井のリパーク」新横浜北駐車場は24時間無人のコイン駐車場で、駐車台数は24台。今回、同駐車場に導入したハイブリッドソーラーシステムは、日照時に8枚のソーラーパネルで太陽光による発電を行ない、蓄電された電力で日没後の看板・照明機器を点灯させるシステム。本システムの導入により、年間約1,620kWの電力の発電と、約606kgのCO2排出量の削減を見込む。さらに、同駐車場内照明機器のオールLED化により年間約7,354kWの電力、約2.7tのCO2排出量の削減を見込んでいる。ハイブリッドソーラーシステムとオールLED化による省エネ効果を合わせると、消費電力量を従来比で最大78.1%削減できると試算している。

横浜市体育協会は、平成24年4月1日から新横浜北駐車場の運営を三井不動産リアルティに委託している。同協会は、公共施設の管理・運営を通じて環境保全に取り組んでおり、ハイブリッドソーラーシステムの導入等「三井のリパーク」の提案を高く評価し、今回の業務委託に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.