> > 2015年水資源関連装置・プラント市場は11年比86%増に拡大

2015年水資源関連装置・プラント市場は11年比86%増に拡大

記事を保存

総合マーケティング会社の富士経済は、水資源関連ビジネス市を調査した結果を発表した。これによると、2015年世界市場予測は、環境規制強化で需要が拡大する「装置/プラント」市場が6,347億円(11年比86%増)、低価格化により需要喚起が進む「水処理膜」が1,988億円(11年比30%増)となる見通し。

個別にみると、バラスト水管理システムの世界市場は、2015年に1,117億円(11年比1,227.5%)となると予測する。バラスト水は、船舶の空荷時にバランスをとるために、重石代わりにする水のことをいう。バラスト水管理システムは、注水と排水の海域が異なる場合、排水時に外来生物が放出され、生態系等周辺環境への影響を防ぐために、フィルター、紫外線、オゾン、薬剤等を用いて、バラスト水や沈殿物中の水生生物や菌類を除去するもの。バラスト水管理条約は早ければ、2013年末に発効するとみられている。それに伴い、急激な需要増が見込まれている。

MBR(膜分離活性汚泥)用膜ユニットの世界市場は、2015年に470億円(11年比40.3%増)、イオン交換樹脂の世界市場は2015年に1,060億円(11年比13.6%増)となると予測。

また、国内のサービス市場は、2015年に2,080億円(11年比18.2%増)となる見込み。国内の水道事業は、自治体の経済難、設備の老朽化、維持管理者の減少などから、民間企業へ上下水道施設の運営・維持管理を委託する取り組みが注目されており、案件は増加している。

人口増加、工業化によって水の需要が増す一方、水質汚染や水源の枯渇などにより利用可能な水の量は限られつつあり、世界的にも水資源の確保は重要な国策として位置づけられている。各国で水処理技術の研究支援や官民連携が強化されており、水資源関連ビジネスは大きな市場を形成しており、それに参画する企業も増加している。水資源関連ビジネスのプレイヤーとしては先行する欧州水メジャー、米国大手、日系企業だけでなく、アジアの企業が政府のバックアップや自国の市場成長をばねに台頭し、新興国の水処理市場の開拓に乗り出している。また、新興国でもローカル企業が価格力や地場でのネットワークを武器に存在感を強めている。

本調査では、水資源の持続可能な利用に必要な水処理膜/薬品などの部材(12品目)や水・汚泥処理装置/プラント(10品目)、水処理の維持・管理等のサービス(5品目)に焦点をあて、それぞれの市場や参入企業の動向、水資源をめぐる各国の状況などについて調査を行った。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.