> > 富士電機やデンソーなど6社、福岡県北九州市で「スマート店舗」の実証実験

富士電機やデンソーなど6社、福岡県北九州市で「スマート店舗」の実証実験

 印刷 記事を保存

富士電機やデンソーなど6社は、北九州市にて、コンビニ店舗等に太陽電池・エネルギーマネジメントシステム(BEMS)・充電ポールなどを設置し、「スマート店舗」の共同実証実験を行うと発表した。店舗だけでなく地域全体の電力負荷平準化と低炭素化に貢献し、エネルギーを有効活用する「スマート店舗」を実現するためのBEMSの開発をめざす。

本実証実験は、広く地域全体を見据えたエネルギーマネジメントシステム(CEMS)の構築の一環で行われるもので、主な内容は、1. 地域全体のエネルギー使用の最適制御、2. 店舗内のエネルギー使用の最適制御、3. エネルギーの蓄積と有効活用、4. 車載蓄電池の小型化による燃費向上、及びコスト低減、の4つがあげられている。実証実験の期間は本年6月から2014年12月まで。前述の2社のほか、豊田通商、ファミリーマート、タカミヤ、ヤマト運輸が参画する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.