> > 富士電機やデンソーなど6社、福岡県北九州市で「スマート店舗」の実証実験

富士電機やデンソーなど6社、福岡県北九州市で「スマート店舗」の実証実験

記事を保存

富士電機やデンソーなど6社は、北九州市にて、コンビニ店舗等に太陽電池・エネルギーマネジメントシステム(BEMS)・充電ポールなどを設置し、「スマート店舗」の共同実証実験を行うと発表した。店舗だけでなく地域全体の電力負荷平準化と低炭素化に貢献し、エネルギーを有効活用する「スマート店舗」を実現するためのBEMSの開発をめざす。

本実証実験は、広く地域全体を見据えたエネルギーマネジメントシステム(CEMS)の構築の一環で行われるもので、主な内容は、1. 地域全体のエネルギー使用の最適制御、2. 店舗内のエネルギー使用の最適制御、3. エネルギーの蓄積と有効活用、4. 車載蓄電池の小型化による燃費向上、及びコスト低減、の4つがあげられている。実証実験の期間は本年6月から2014年12月まで。前述の2社のほか、豊田通商、ファミリーマート、タカミヤ、ヤマト運輸が参画する。

具合的には、ファミリーマートおよびタカミヤの店舗、ヤマト運輸の支店に、太陽電池・BEMS・充電ポールなどの実証機器を設置。店舗内機器のエネルギー使用を最適化する店舗コントローラー、省エネ制御可能な空調などの店舗内機器、店舗用のエネルギーの蓄積と放出を制御する蓄電BEMSコントローラー、蓄電池、直流(DC)・交流(AC)の変換及び電圧の変換を行う各種パワーコンディショナーなどからなるシステム(BEMS)の検証を行う。

CEMSとの連携で、需給調整、季節や時間帯に応じて電気料金の単価を変動する仕組み(ダイナミックプライシング)と連動した運転を行うとともに、電力網における需要に応答して需要家側の電力消費を調整するデマンドレスポンスによるピークシフト/カット等により、地域全体のエネルギーの最適化を図る制御を行う制御を実施する。

また、ヤマト運輸の集配車両(宅配便:冷蔵・冷凍庫付き)に蓄電池を搭載し、停車中にアイドルストップしても冷蔵・冷凍庫の温度管理ができることを検証する。基地である配送センターに加えて、店舗での充電ポールで継ぎ足し充電が行えるようにすることで、車載蓄電池の小型化を図り、燃費向上とコスト低減の可能性についても併せて検証する。

富士電機は店舗用省エネ機器・システム向け店舗コントローラー等の開発、デンソーは、蓄電BEMSコントローラー、蓄電池およびパワーコンディショナー等の開発、豊田通商は BEMS連携太陽光発電システムおよび可搬型蓄電池活用システムの構築を担う。

本実証実験は、2010年4月から経済産業省が推進している「次世代エネルギー、社会システム実証地域」の一つである北九州市における「北九州スマートコミュニティ創造事業」の一環として実施されるもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.