> > 風力発電設置、2011年度8.5万kW増も伸び悩み

風力発電設置、2011年度8.5万kW増も伸び悩み

 印刷 記事を保存

日本風力発電協会(JWPA)は風力発電の2011年度導入実績(10kW以上)を発表した。2011年度の導入実績は、前年比70%減となる85.1MW(8.5万kW)、27台だった。単年度の導入量としては、2年連続で前年実績を下回った。2012年3月末での累積導入量は、2.556.8MW(255.7万kW)、1,855台となった。

単年度の導入実績は、2008年度が前年比12.6%増となる207.7MW(120台)、2009年度が前年比46.2%増となる303.6MW(149台)と2年連続で前年実績を上回ってきた。しかし、風力発電所の建設に関する補助金が終了した2010年度以降は低迷。2010年度は、前年比6%減の286.0MW(146台)となり、2011年度は前年実績を大きく下回る結果となった。伸び率の停滞については、系統連系の上限による影響が大きいものと見られる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.