> > ブリヂストン、味の素が生成したバイオマス素材で合成ゴムを開発

ブリヂストン、味の素が生成したバイオマス素材で合成ゴムを開発

記事を保存

ブリヂストンは、タイヤ用合成ゴムの共同開発を行っている味の素より、バイオマスから生成したイソプレンの提供を受け、合成ゴム「高シスポリイソプレン(IR)」の重合に成功したことを発表した。味の素の世界最先端の発酵技術により生成されたイソプレンをブリヂストン独自の重合触媒技術を用いて反応させており、IRに求められる実用的な性能も確認されている。

IRは、天然ゴムの一部を置換えることができるため、バイオマス由来のIRは原材料多様化の手段として期待されている。ブリヂストンは、IR生成技術の進捗に合わせてゴム物性の確認を進め、重合触媒技術をさらに高めることにより、さらに高機能なIRの開発を目指す。

ブリヂストンは、天然ゴムだけでなく合成ゴムにおいても、様々なバイオマテリアルの研究開発を通じて地球上の資源を有効に活用し、リデュース、リユース、リサイクルを進めることを前提としながら、新たに投入する資源はサステナブルであるべきと考え、タイヤの原料を「100%サステナブルマテリアル化」することを目指している。

原油由来のIRは市場での供給量が限られており、持続可能な原材料調達に向けて、再生可能な資源から原材料を調達する方法を探ってきた。今回のIR開発は、ブリヂストンが目指す持続可能な社会の実現に大きく貢献すると考えられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.