> > 超小型モビリティ、電気自動車・バス、充電器に関するガイドラインが発表

超小型モビリティ、電気自動車・バス、充電器に関するガイドラインが発表

 印刷 記事を保存

国土交通省は、電動バス、電気自動車、超小型モビリティ等の環境対応車を活用した低炭素まちづくりの一環として、従来の実証実験等の成果を踏まえ「超小型モビリティの導入」「電気バスの導入」「充電施設の設置」に関するガイドラインを作成した。

蓄電池技術等の発達を受け、革新的な環境技術を活用したモビリティである環境対応車の開発・導入が進むなか、国交省では、環境対応車とまちづくりの新たなアイデアを盛り込んだ「環境対応車を活用したまちづくり」の検討を行ってきた。

今回のガイドラインは、超小型モビリティの実証実験の結果及び有識者・関係者との議論を通じて得られた知見を整理し、超小型モビリティ導入の背景、利活用方法、利活用場面や利便性の高い走行・駐車環境などに関する事項をとりまとめたもの。また、今後、超小型モビリティの開発・導入を進めていくうえで、車両区分や性能・安全性を議論するための課題やニーズ等を明らかにしている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.