中部電力、愛知県豊田市で電力需給逼迫時のデマンドレスポンス実証へ 市内160軒を対象

  • 印刷
  • 共有

中部電力は、豊田市低炭素社会システム実証プロジェクトにおいて、豊田市内および周辺の一般住宅最大160軒程度を対象に、電力需給逼迫への対応を目的とした需要応答(デマンドレスポンス)に関する実証試験を行うと発表した。実証期間は2012年6月から2014年2月までを予定している。

本実証試験では、デマンドレスポンスの実証に必要な電力需要データの伝送および電気料金メニューの表示システムの開発と、デマンドレスポンスの実施による電力使用状況の変化などの検証を行う。具体的には、例えば、夏季の13時から16時など、電力需給逼迫の想定される時間帯に限定して、一時的に高い電気料金を疑似的に設定し、前日の電力需要データとともに、顧客に提示して「見える化」を行うことで、家庭での節電やピークシフトなどの取り組みを促す。また、その際の電気のご使用状況の変化やこのような仕組みに対する顧客の受け入れやすさなどを検証する。本実証試験を通じて、今後のデマンドレスポンス導入等の検討に活かしていく予定。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事