> > IHI、米国A123 Systems社とのリチウムイオン電池事業を拡大

IHI、米国A123 Systems社とのリチウムイオン電池事業を拡大

記事を保存

IHIは、A123 Systems社とのリチウムイオン電池事業を拡大するため、11月3日にA123が実施する第三者割当増資に応じる契約を締結した。引受け額は2500万USドル。

同契約とあわせて、技術ライセンス契約、セル供給契約を締結。IHIはライセンス契約により、ソフトウェアを含む電池制御に関わる技術を取得するとともに、セル供給契約により長期間にわたる安定的なセル供給を受ける体制を整備した。

IHIでは、これまで自動車、エネルギー貯蔵、産業機械、船舶等の分野において、リチウムイオン電池の供給や試作開発を行ってきた。今後さらに電池モジュール製造を含む電池システム製造拠点を増強する計画で、これにより自動車メーカを含む輸送機器メーカに対する供給能力を増強し、同分野での事業拡大を図りたい考えだ。

また、産業用途向けに標準電池パックを開発。すでにサンプル提供を実施していて、2012年から量産を開始しグローバルに事業展開をしていく計画だという。

A123は、先進型リチウムイオン電池および電池システムの開発および製造を手掛けている。同社のリチウムイオン電池は、マサチューセッツ工科大学の研究開発から商業化が実現したものであり、高い安全性、長寿命化、低コスト性が特長。主な用途は、輸送機器、電力系統安定化システム、ポータブル電池市場など。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.