> > 横浜市 太陽光発電事業に関する民間企業の検討パートナーを募集

横浜市 太陽光発電事業に関する民間企業の検討パートナーを募集

記事を保存

横浜市では、民間企業を発電事業者と想定した大規模な太陽光発電事業の可能性を模索し、より現実的で効果的な事業展開を検討するため、同事業の実績がある民間企業を検討パートナーとして募集する。

横浜市は、人口が多く産業も盛んなためCO2排出量が多く、2008年に「環境モデル都市」に指定され、「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」などさまざまな環境対策を推進している。なかでも太陽光発電システム、太陽熱利用システムの設置について多額の予算を確保するなど、太陽光発電の普及に力を入れている。

今回の募集では、以下の3点がポイントとなる。まず、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギー普及の重要性や行政自らの率先した検討の必要性。2つ目は、再生可能エネルギー全量買取法案の成立(を受けた民間企業による発電事業の展開可能性。3つ目は、YSCPや横浜グリーンパワーモデル事業などの民間企業の力を生かした取り組みの具体的展開。

募集期間は、平成23年11月18日から平成23年12月8日まで。環境先進都市である横浜市の取り組みだけに、大きなビジネスチャンスがつながる可能性もあり、太陽光発電事業を手掛ける企業は特に注目だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.