> > 環境省、デザインコンテスト開催 省エネ照明導入の施設・店舗を募集

環境省、デザインコンテスト開催 省エネ照明導入の施設・店舗を募集

記事を保存


表彰の対象は「公共施設・総合施設部門」「商業・宿泊施設部門」「まち、地区、その他部門」の3部門。今年度は、東日本大震災の被災地域の復興の導入参考事例としての活用も考慮し、新たに「まち、地区、その他部門」を新設した。各部門から環境大臣賞(グランプリ)と優秀事例を選定する。

公募期間は、平成23年11月18日(金)から12月15日(木)(17時事務局必着)まで。 平成24年2月6日の「省エネ・照明デザインフォーラム」にて、グランプリ・優秀事例を表彰し、取組事例を発表。選定された事例については、平成24年2月中旬〜3月、同フォーラムのほか、WEB、映像、雑誌等でCO2の削減効果や空間デザインの設計手法、新しい技術及び導入手法等を全国に紹介する。

「平成22年度 省エネ照明デザインアワード」では、公共施設・総合施設部門で、「美術館展示照明をはじめ、建物全体のベース照明にLEDを採用し、魅力的な空間と高い省エネ性を実現した次世代型施設」(施設名:根津美術館)、商業施設部門で「天井照明のALL LED化を多数のフロアで実現した世界初の百貨店」(施設名:大丸大阪・梅田店)、その他施設部門で、「あらたなるゆとりのシニア邸宅を実現する『リズムに考慮した省エネ照明デザイン』」(施設名:東急ウェリナ大岡山)がグランブリを受賞。また、3つの部門で計17の優秀事例が選定されている。

商業施設やオフィス等の業務部門におけるCO2排出量は、1990年比で約4割増加している。本表彰制度は、その約2割を占める照明について、省エネ対策をより一層推進することを目的として実施されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.