> > 東北電力、初のメガソーラーを前倒しで運転開始

東北電力、初のメガソーラーを前倒しで運転開始

記事を保存

東北電力は、同社初の大規模太陽光(メガソーラー)発電所である八戸太陽光発電所(出力1,500kW)の運転を前倒しして開始すると発表した。運転開始時期は、当初の予定では平成24年1月としていたが、工程等を精査した結果、平成23年12月20日に前倒しする。

同社では、低炭素社会実現に向けた取り組みの一環として、管内の複数地点において、2020年度までに合計10,000kW程度のメガソーラー発電所を建設する方針を示している。八戸太陽光発電所は、この取り組みのもと、先行開発地点として、平成23年2月より工事を開始していた。

同発電所では、多結晶シリコン(1,000kW)、薄膜系シリコン(250kW)、薄膜系化合物(250kW)を導入し、年間発電電力量として約160万kWhを見込む。これは、一般家庭約500世帯分の年間使用電力量に相当する。これにより、年間約800t、一般家庭約160世帯分に相当するCO2排出量が削減できると試算している。

東北電力では、7月に発生した新潟・福島豪雨で被災した水力発電所の運転再開に向けた復旧作業を行っている。現在、停止している当社水力発電所は19ヵ所、供給力としての影響は90万kW程度となっている。気象状況による需要増加や、東新潟火力発電所4号系列のガスタービンの点検作業停止期間の延長を受け、11月21日には、東京電力から最大40万kWの電力融通を受けている。また、北海道電力から最大42万kWの電力融通を受けることとしており、無理のない範囲での節電を呼びかけている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.