> > ヤマダ電機、総合リサイクル会社東金属の民事再生を支援

ヤマダ電機、総合リサイクル会社東金属の民事再生を支援

記事を保存

ヤマダ電機は、総合リサイクル会社である東金属の民事再生を支援する。東金属は、平成23年11月24日付で東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行っている。これに対し、ヤマダ電機は、スポンサーとして資金提供、資本参加等の経済的支援を実施し、事業の円滑な再生を行うために、同社とスポンサー契約を締結したと発表した。

ヤマダ電機グル−プは、新しいリサイクルシステムとして『販売からリサイクルまでのワンストップ化』を目指し、自社事業を通じてリサイクル・リユースの仕組みの構築に取り組んでいる。両社が強固なパートナーとなることが、顧客の省エネ・利便性向上、環境負荷の低減につながる総合的なプロデュースの提供、企業価値の向上につながると判断し、本契約締結に至った。

ヤマダ電機は、東金属の再生計画案の認可決定確定を条件に、同再生計画案に従い、同社又は同社の指定する者において、東金属の発行する募集株式のすべてを引き受ける予定。また、今後、東金属に対して、早急にデューディリジェンス(買収対象の価値やリスクを査定する調査活動)を実施し、その結果を踏まえて、東金属との間で出資額を合意する計画だ。

東金属は創業57周年の総合リサイクル会社で、「ゼロエミッション」の推進により、高度循環型社会に向けて、完全リサイクル化とクローズ化を目指している。資本は、5,000万円、平成23年5月期の売上高は817,900万円、経常利益は▲37,600万円。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.