> > レアアース使用量を大幅削減、次世代ネオジム焼結磁石の製造工場、操業開始へ

レアアース使用量を大幅削減、次世代ネオジム焼結磁石の製造工場、操業開始へ

記事を保存

大同特殊鋼、三菱商事、米国モリコープ・インクの3社は、次世代ネオジム焼結磁石の製造工場を、岐阜県中津川市に新設し、岐阜県中津川市に新設し、2013年1月までに操業を開始する。新会社の出資比率は、大同特殊鋼35.5%、三菱商事34.5%、モリコープ30%。資金は3社による出資金と経済産業省のレアアース総合対策補助金の支援により調達する。

ネオジム焼結磁石は、現在、最も強い永久磁石だと言われている。レアアースを原料として造られ、電気自動車やハイブリッドカーの駆動用、エアコンのコンプレッサー、風力発電機等の高性能モーターなどに組み込まれており、今後環境対応車や省エネ家電等の普及に伴い、需要が大幅に伸びていくと見込まれている。

次世代ネオジム焼結磁石の製造にあたり新会社は、工学博士である佐川眞人氏が発明した革新的な製法技術のライセンスを受け、モリコープが米国に保有するマウンテンパス鉱山より、原料であるレアアースの供給を受ける。

新会社は、大同特殊鋼の持つ磁石製造技術、三菱商事の持つ国内外販売ネットワーク、モリコープの持つレアアース供給力を総合的に活用し、次世代ネオジム焼結磁石の製造事業に取組む。また、3社は中津川の新工場を短期間に軌道に乗せ、将来的には、米国あるいは他地域において更なる増産を図ることに合意している。

なお、新会社が製造する次世代ネオジム焼結磁石は、レアアース使用量の大幅削減に貢献する事業として、経済産業省の「平成22年度 希少金属利用産業等高度化推進費補助金」の対象事業に採択されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.