> > 早大、需要側でのピーク電力抑制を研究するデマンドレスポンス技術研究会を設立

早大、需要側でのピーク電力抑制を研究するデマンドレスポンス技術研究会を設立

記事を保存

早稲田大学の先進グリッド技術研究所は、アドソル日進、オムロン住友電気工業ダイキン工業、dSPACE Japan、東光電気、日本オラクル、日本テキサス・インスツルメンツ、ホシデンの9社と、デマンドレスポンス技術研究会を立ち上げた。

米国では、カリフォルニア大停電をきっかけに、電力需給バランス制御、電力系統の品質向上、新規市場の構築を目的とし、スマートグリッドの技術開発に国を挙げて取り組んでおり、その要素技術であるデマンドレスポンス及び電気エネルギー制御に関わる標準規格化を世界に先駆けて進めている。

デマンドレスポンスは、電力消費のピークに対応して需要側が電力消費を低減・回避したり、余剰電力をほかの需要家に供給したりすること、またはそのようなシステム。デマンドレスポンスの最も大きな役割は、冷房や暖房などのピーク電力需要への対応だが、今後は普及が見込まれる電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)による消費拡大に対応するため、自動的にピークを避けて充電する仕組みなども期待されている。

米国スマートグリッド標準技術は、諸外国でも産学官による積極的な検討がされていて、日本でも海外の標準化技術の評価・検討を行う、中立的な学術研究機関が重要であると考え、今回の研究会設立に至った。

同研究会では、先進グリッド技術研究所が、系統安定化技術研究の一部として、米国デマンドレスポンス技術及び、電気エネルギー制御規格の学術的な研究を推進し、米国技術、規格をプラットフォームとして、太陽光発電、蓄電池、電気自動車、ヒートポンプ給湯機など日本企業の強みをグローバルに展開する議論の場を設ける。参加企業は同研究会での活動を通じて得た成果を各社のグローバル展開に活かす方針。

なお、同研究会においては、研究報告会、講演会、講習会など通じて、研究成果を広く社会に発信していきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.