> > 双日、豪タリソンと提携、炭酸リチウム調達へ

双日、豪タリソンと提携、炭酸リチウム調達へ

記事を保存

双日は、豪州資源会社のタリソン・リチウム・リミテッド社(本社:西オーストラリア州パース)と、タリソン社が製造する炭酸リチウムの日本向け供給および共同マーケティングに関して、合意覚書(MOU)を締結したと発表した。両社は、本合意覚書に基づき、当面一年間を期限とし、協業の可能性を検討していく。

リチウムイオン電池を搭載した電気自動車の普及に伴い、世界的にリチウム化合物の安定供給が求められている。そうした中、タリソン社は自社の高品位リチウム精鉱を加工し、炭酸リチウムを製造する工場の立ち上げを検討・推進している。同社の鉱石加工工場は、西豪州において炭酸リチウム20,000トン/年の生産能力にて2015年度中の生産開始を予定している。

双日は日本でのリチウム化合物のマーケティングおよび販売で30年以上の実績を有する。日本のリチウムイオン電池市場の急成長しており、同社では、その需要に応えるために、リチウム資源確保を含めた新たなリチウム供給ソースの開発を検討してきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.