> > スズキ、バッテリーを外してコンセントで充電できる電動スクーターを発売

スズキ、バッテリーを外してコンセントで充電できる電動スクーターを発売

記事を保存

スズキは、着脱式バッテリーを搭載し、家庭で充電できる原付一種の電動スクーター「e-Let's」を2012年1月9日より発売する。同製品は、エンジンスクーターから乗り換えても違和感のない操作性の高さ、バッテリーを取り外して一般家庭用AC100V電源から充電できる手軽さなどが特長。

価格は、e-Let'sが31万2,900円、スペアバッテリー1個を追加したe-Let's Wが39万6,900円。年間販売台数は、e-Let'sシリーズで合計1,000台を目指す。

低騒音、低振動、排出ガスゼロの原付一種電動スクーターとして開発が進められてきたe-Let'sは、原付一種スクーター「レッツ4バスケット」の車体をベースに、回生充電が可能な高性能インホイールモーターとリチウムイオン電池を組み合わせ、電動スクーターならではの滑らかな加速と軽快な走りに加え、装備重量を「レッツ4バスケット」に対し2kg軽い車両重量を実現している。

バッテリーの状態を監視する機能を内蔵したリチウムイオンバッテリーは、車体から取り外して充電できる着脱式を採用し、家庭用100Vで約4時間の充電で30kmの走行ができる。また、充電済みのスペアバッテリーに交換すれば、充電待ちすること無く乗ることが可能。

さらに、シート下に専用充電器またはスペアバッテリーを収納することができるため、外出先でバッテリー残量が少なくなっても、充電済みのスペアバッテリーに差し替えることで電池切れの不安を無くし、走行距離を伸ばすことができる。

省電力機能としては、走行中にスロットルを全閉にすると、モーターが発電機となり減速エネルギーを電力に変えてバッテリーの充電を行う回生充電機能、スロットルなどを無操作のまま10分経過すると電源がOFFになるオートパワーオフ機能などが装備されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.