> > 日本ガイシ、NAS電池火災事故の原因と安全強化策を発表 工場の操業再開

日本ガイシ、NAS電池火災事故の原因と安全強化策を発表 工場の操業再開

記事を保存
日本ガイシ、NAS電池火災事故の原因と安全強化策を発表 工場の操業再開

日本ガイシは、昨年9月21日、茨城県常総市の三菱マテリアル筑波製作所で発生した同社製NAS電池の火災事故について、事故原因と安全強化対策を公表するとともに、事故発生以降中断していたNAS電池工場の操業を6月より再開することを発表した。当面は既設のNAS電池を継続して使用する顧客の電池を工場に引き取り改造することを優先し、新規生産は本年度下期に開始する予定。

【火災の原因】
1)NAS電池システムを構成するモジュール電池40台のうち1台(単電池384本収納)に製造不良の単電池が1本あり、その単電池が破壊して高温の溶融物が流出した。
2)溶融物がモジュール電池内のブロック間にある砂層を越えて流出し、隣接するブロックにある単電池との間で短絡(ショート)が発生した。
3)短絡した単電池間にヒューズが設置されていなかったため、短絡電流が継続的に流れて発熱したことで多数の単電池が破壊して火災が発生し、当該モジュール電池全体に延焼拡大した。
4)当該モジュール電池1台の燃焼により、火炎と高温の溶融物が上段と下段に設置されていた他のモジュール電池内の単電池容器を溶解させ、さらに延焼拡大した。

【安全強化対策】
■モジュール電池の延焼防止対策
1)短絡電流による火災の発生を防止するため、モジュール電池内の単電池間にヒューズを追加する。
2)流出した溶融物による短絡電流の発生を防止するため、モジュール電池内のブロック間を隔てる短絡防止板を設置する。
3)他のモジュール電池への延焼拡大を防止するため、上下のモジュール電池の間に延焼防止板を設置する。
■その他の安全強化対策
1)火災発生を早期に発見するための監視体制の強化
2)火災発生に備えた消火設備と防火備品の設置および消火体制の整備
3)火災発生に備えた避難経路の策定と誘導体制の整備

同社は火災事故発生以降、原因究明と対策に取り組んできた。今回、火災事故の原因と延焼防止対策の内容について、危険物保安技術協会を事務局とする第三者委員会の検証により妥当であると評価された。この検証結果を踏まえ、消防庁と協議を行い、監視体制なども含めた安全強化対策を自主的に実施することを決定した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.