> > 森トラストグループ、福島県でメガソーラー事業を開始、遊休土地を活用

森トラストグループ、福島県でメガソーラー事業を開始、遊休土地を活用

記事を保存
森トラストグループ、福島県でメガソーラー事業を開始、遊休土地を活用

森トラストは、現在休業中の「ラフォーレ白河ゴルフコース」において、大規模太陽光発電(メガソーラー)事業を開始すると発表した。2013年度中の開始を目指す。第1期と第2期事業で、約40億円を投資し、出力10MW(発電量1,000万kWh/年)のメガソーラーを構築する計画だ。

第1期事業は出力2MW(発電量200万kWh/年)規模で、2013年度に開始する予定。将来的には、第2期事業を実施し、出力8MW(発電量800万kWh/年)のメガソーラーを建設する。第2期事業の開始日は未定。

今後は、本事業を、太陽光パネルをはじめとした再生可能エネルギーの技術研究の場としても活用する。また、「エコBCPビル」として開発を進めている「京橋OMビル」(2012年9月竣工予定)をはじめとした都心のビルでも、これらの技術導入を検討するとともに、同社グループの他のリゾートエリアの遊休土地活用も視野に入れていく。

同グループは、仙台をはじめ被災地内に事業エリアを有する。今回は、震災復興支援に向けて、ゴルフ場を、ゴルフ場としての再生するのではなく、拠点の整備を通じた新たな産業の創出に貢献するためにメガソーラーとしての事業化することを決めた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.