> > 住友スリーエム、日本初「CPマーク」対応の窓ガラス用遮熱フィルムを発売

住友スリーエム、日本初「CPマーク」対応の窓ガラス用遮熱フィルムを発売

記事を保存
住友スリーエム、日本初「CPマーク」対応の窓ガラス用遮熱フィルムを発売

住友スリーエムは、日本初の「CPマーク」に対応した遮熱性能、ガラス飛散防止性能を有する窓ガラス用フィルム「3M(TM)スコッチティント(TM)ウインドウフィルム Nano80CP」の販売を6月下旬より開始する。設計施工価格は29,000円/m2。

同製品は、3M独自の薄膜積層技術を用いた特殊ポリエステルのフィルムを200層以上積層した多層構造のフィルム。窓ガラスに貼付することで、暑さの原因になる太陽光線の赤外線を90%以上、紫外線を99%以上カットするため、空調負荷の低減と窓際の快適性を実現するとともに、室内の家具や調度品などの褪色を抑制する。高い遮熱性能を実現しながら可視線透過率84%を実現するため、ガラスに貼付してもガラス本来の持つ透明性を損なわないのが特長。

また、従来の反射タイプの遮熱フィルムのように金属膜を用いていないため、携帯電話などの電波環境に影響を及ぼさない。JIS規格のガラス飛散防止性能も満たしており、人体衝突や地震などによりガラスが割れた際のガラス片の飛散を抑制する効果もある。

さらに、同製品はNanoシリーズが持つ遮熱性能、飛散防止性能に加え、フィルムの引き裂き強度を向上したことで「防犯性能の高い建物部品目録掲載基準の防犯性能試験」に合格し、「防犯性能の高い建物部品」に登録されている。住宅などの窓ガラスから侵入する際の代表的な手口である「こじ破り」「打ち破り」「焼き破り」に対し、貫通に要する時間を長引かせる効果が期待できる。

「防犯性能の高い建物部品」は、警察庁、国土交通省、経済産業省および関係する民間団体で構成される「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」の防犯性能試験において5分以上侵入を防ぐことのできるものに対して認定される。付帯条件を満たすことで「CP(Crime Prevention=防犯)マーク」を表示することも可能。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.