> > 東芝、発電とCO2の分離・回収を同時に実現、米企業と火力発電システムを開発

東芝、発電とCO2の分離・回収を同時に実現、米企業と火力発電システムを開発

記事を保存

東芝は、米国大手電力会社のエクセロンなど米企業3社と共同で、発電とCO2の分離・回収を同時に実現できる新火力発電システムを共同開発すると発表した。4社は今後、プラント設計などを行い、25MW相当のパイロットプラントを米国内にあるエクセロンの発電所敷地に2014年に建設する。実証試験を経て、2017年に250MW級プラントの商用化を目指さす。

今回開発するのは、超臨界圧のCO2を用いた酸素燃焼の循環システムで構成される火力発電システムで、CO2の有効活用と、NOxを排出しないゼロエミッションを実現する。このシステムを用いることで、CO2を分離・回収する設備(CCS)を別に設置することなく、高純度の高圧CO2を回収することができる。高圧のCO2は貯留することも可能で、さらに、米国などの老朽した油田の掘削現場で用いられている、高圧CO2を注入し、石油の採掘量を増大させる手法「EOR」に適用できる。4社は25MWのパイロットプラントで本システムの早期実証を図り、共同開発完了後、EORのニーズの高い米国や中東地域等で、本システムの事業展開を図る計画だ。

今回、本事業に参画するのは、東芝、エクセロンのほか、米国ベンチャー企業のネットパワー社、米国大手エンジニアリング会社ショー・グループ。ショー・グループは発電プラント建設で多数の実績を持つ。4社は、今回、本共同開発を行うことで合意した。

本共同開発では、東芝は、研究・開発を進めてきた高温タービン用材料技術と、保有する燃焼技術・冷却技術を活用して、本システムのキーコンポーネントである高温・高圧のタービン・燃焼器の開発を担当する。ネットパワー社およびショー・グループは発電プラントの全体エンジニアリングを、エクセロンはパイロットプラントの用地提供および許認可の取得を担当する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.