> > 電気化学工業、保有水力発電所の発電能力を17%向上、許可取水量を増加

電気化学工業、保有水力発電所の発電能力を17%向上、許可取水量を増加

記事を保存

電気化学工業は、保有する流れ込み式水力発電所「大所川発電所」において、導水路に流すことができる最大流量を確認し、許可取水量増加の許可が得られたことから、発電能力を約17%増加させることが可能となったと発表した。

同社は、石灰・カーバイド系の事業を基盤事業として展開し、採掘権を有する石灰石に加え、水力を主体とする自家発電をベースとしている。新潟県糸魚川市の「青海工場」近隣には、流れ込み式水力発電所15カ所(北陸電力との共同出資5ヵ所を含む。合計出力約11万kW。)を保有。大所川発電所はそのひとつ。今回の取り組みは、基盤強化とグリーンエネルギーの増量を目的に実施し、国土交通省、経済産業省の協力を得て実現した。

流れ込み式水力発電所は河川水の貯留ができず、雪解け時期等の豊水期(年間約120日)でも許可取水量の範囲内のみで発電している。今般、大所川発電所において、発電用の水を流すトンネル(導水路)などに流量計と水位計を設置し、導水路に流すことができる最大流量を試験したところ、現在の許可取水量以上の流量を流せることを確認した。その結果、許可取水量増加の許可が得られ、許可取水量が7.374m3/秒から8.60m3/秒となり、発電可能な最大出力を8,400kWから9,800kWに増加させることができた。年間で約350万kWhの発電量増加になる。今回の発電量増加による温室効果ガス削減量はCO2換算で年間約1,500tを見込む。

今回の手法では、河川水が豊富にある豊水期に許可取水量が増加するため、河川環境への影響がなく発電量を増加させることができる。同社は保有する他の水力発電所についても、本手法や発電設備の効率向上などによる増発電に取り組むとともに、新たな水力発電所の新設についても検討していく計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.