> > パナソニック、建築化照明器具「SmartArchi」シリーズにLED252品番を追加

パナソニック、建築化照明器具「SmartArchi」シリーズにLED252品番を追加

記事を保存

パナソニックは、建築化照明器具「SmartArchi(スマートアーキ)シリーズ」の品揃えを強化し、2012年度上期中に22アイテム252品番を順次ラインアップする。新製品の光源はすべてLEDで、同シリーズ全体では合計751品番、うちLEDは合計314品番となる。

今回、「建築に自由を与える。」を新コンセプトと掲げる。屋内用としては、独自指標、明るさ感「Feu(フー)」をアップさせることで設置台数を減らし省エネが可能となったベースライト、屋外用にはさまざまな空間と調和するシンプルなデザインのスポットライトなどを品揃えした。その他、屋内用のダウンライト、ブラケット、屋外用のアッパーライト、フットライト等をラインナップする。希望小売価格(税込)は26,250円~572,250円。シリーズ全体で、2015年度は30億円の販売目標を掲げる。

同社では、間接照明や建築化照明を取り入れた建築空間などにおいては、従来の床面照度lx(ルクス)を用いた照明設計では、明るさを正確に評価できないと考え、人が感じる空間の明るさ感指標「Feu(フー)」を開発。また、今回、屋外のような暗い空間では、明るさ感が同じでも、光のメリハリ度によって人が感じる空間の印象は大きく異なると考え、「光のメリハリ度」を数値化した指標「V(ヴィー)」を新たに開発した。

屋内のような明るい空間ではlx(ルクス)とFeu(フー)を組み合わせることで、省エネと快適な光環境を両立した照明設計、屋外の暗い空間ではFeu(フー)とV(ヴィー)を組み合わせて、「落ち着きのある空間」と「賑わいのある空間」といった2つの雰囲気を定量化した照明設計を提案する。

SmartArchiシリーズは、「光」「デザイン」「素材・品質」「空間」にこだわった製品(ハード)と、同社ならではの光の指標(ソフト)を組み合わせた「輝度で考える照明設計」により、より正確で質の高い照明設計の提供を目指している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.