> > ホンダ、使用済HV用ニッケル水素バッテリーから抽出したレアアースを再利用

ホンダ、使用済HV用ニッケル水素バッテリーから抽出したレアアースを再利用

記事を保存

ホンダは、今年4月より日本重化学工業のプラントにおいて、使用済みのハイブリッド車(HV)用ニッケル水素バッテリーからレアアースを抽出しており、その抽出したレアアースの再利用を2012年中に開始することを発表した。

抽出したレアアースの再利用方法については、ニッケル水素バッテリーだけでなく、幅広い部品への活用を検討しており、貴重な資源の循環に取り組む。また、回収したニッケル水素バッテリーを解体する際、バッテリーの残留電圧を取り出し、回生電圧として解体作業などに利用することも検討している。

さらに、使用済みニッケル水素バッテリーだけでなく、使用済みのHV用モーターやリチウムイオン電池などからもレアアースを抽出することを目指す。

同社はこれまで、交換したバンパーの回収・材料化、修理交換した機能部品の再生品販売、使用済みオイルフィルターのリサイクル商品化など、製品の資源循環に配慮し、3Rの取り組みを進めてきた。今後も、HVなどの低燃費車の開発に加え、製品のリユース・リサイクルにつながるネットワークを強化していくことにより、モビリティー社会全体での環境負荷低減を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.