> > 関西電力、管外の大口需要家を対象にネガワット取引

関西電力、管外の大口需要家を対象にネガワット取引

 印刷 記事を保存

関西電力は、電力需給の安定化に向けた更なる取り組みとして、同社管外の大口の顧客を対象に、ネガワット取引を実施すると発表した。本取り組みは、需給逼迫が予想される場合に、管外の顧客に調整してもらえる電力「ネガワット」を募集し、使用電力の調整に対するインセンティブとして、希望単価を入札してもらうもの。他電力、アグリゲーターの協力を得て、本取引を行い、これによって生まれる他電力の供給余力を融通送電してもらうことで、追加供給力の確保を図る。

同社は、5月28日に、管内の大口顧客を対象に、ネガワット取引を行う「ネガワットプラン」と、小口顧客を対象に、負荷調整に協力してもらう「BEMSアグリゲーターとの協業によるピーク抑制」を実施することを発表している。今回は、それを拡大した新たな取り組みとして実施する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.